後見

後見

任意後見監督人とは

任意後見監督人とは 任意後見契約が登記されている場合において、精神上の障害により本人の事理を弁識する能力が不十分な状況にあるときは、家庭裁判所により、任意後見監督人が選任されます(任意後見契約法4条1項)。 以下では、任意後見監督人...
後見

任意後見の解除や死亡

任意後見の解除や死亡による終了 任意後見契約は、①任意後見契約が解除された場合、②任意後見人が解任された場合、③本人または任意後見人が死亡した場合などに終了します。 任意後見の解除 任意後見監督人の選任前の解除 任...
後見

成年後見でできること

成年後見人の代理権 成年後見人には、被後見人の財産行為全般について、当然に包括的な代理権が与えられています。 保佐人や補助人の場合には、代理権が与えられない場合もあることとは対照的です。 ただし、成年後見人が被後見人の居住用不動産を...
後見

成年後見と不動産売却許可

成年後見と不動産売却 成年後見人には、包括的な代理権が付与されているため、成年被後見人の不動産を処分することも可能です。処分には売買のほか、賃貸、担保権設定なども含まれます。ただし、居住用不動産と非居住用不動産とに分けて考える必要が...
後見

成年後見と死後事務

成年後見人の死後事務 成年被後見人が死亡した場合、原則として後見は終了し、成年後見人の任務も終了することになります。 しかしながら、各種手続きを行う必要がありますし、それ以外にも被後見人の相続人に財産を引き継ぐまでの間、被相続人の財...
後見

後見制度支援信託とは

後見制度支援信託とは 後見制度支援信託とは、本人の財産のうち、日常的な支払いをするのに必要十分な金銭を預貯金等として後見人が管理し、通常使用しない金銭を信託銀行等に信託する仕組みのことをいいます。 成年後見において利用することができ...
後見

成年後見の申立

成年後見の申立て 成年後見人を選任しようとする場合には、家庭裁判所に対し後見開始の審判の申立てを行う必要があります。 後見開始の審判を申し立てることができるのは、本人、配偶者、四親等内の親族、未成年後見人、未成年後見監督人、保佐人、...
後見

被補助人とは

被補助人とは 被補助人とは、精神上の障害により事理を弁識する能力が不十分である者で、家庭裁判所より補助開始の審判を受けたものをいいます(民法15条、16条)。 被補助人には、家庭裁判所により補助人が付されます(民法16条、8...
後見

後見監督人とは

後見監督人とは 後見監督人とは、成年後見人の事務を監督する者です(民法851条1号)。 家庭裁判所が必要があると認めるときは、成年後見人等の請求により又は職権で、後見監督人が選任されます(民法849条の2)。 後見監督人が選任...
後見

任意後見契約

任意後見契約の締結 任意後見契約は、公正証書によって締結する必要があります(任意後見契約法3条)。 公正証書には、以下の事項を記載する必要があります(任意後見契約に関する法律第三条の規定による証書の様式に関する省令1条、公証人...
タイトルとURLをコピーしました