相続

相続

遺留分に関する期限の許与

遺留分に関する期限の許与 遺留分権利者が遺留分侵害額請求をしても、金銭請求を受けた受遺者・受贈者が直ちには金銭を準備することができないことがあります。 このような場合、裁判上、金銭債務の全部又は一部の支払いにつき相当の期限が許与され...
相続

相続分の放棄とは

相続分の放棄 相続分の放棄とは、遺産に対する共有持分権を放棄する意思表示を言います。 手続 相続分の放棄は、相続の開始以降遺産分割までの間であればいつでも可能であり、方式は問いません。 効果 相続分の放棄をす...
相続

相続放棄(民法915条)とは

相続放棄(民法915条)とは 相続放棄とは、相続人ではなくなったものとみなされる制度をいいます。 遺産が債務超過である場合や、相続人が遺産の取得を希望しない場合などに用いられます。 似た制度として相続分の放棄があります。 ...
相続

相続預金の払戻し

一部の相続人による払戻請求はできないのが原則 複数の法定相続人がいる場合、遺産分割が完了する前に、一部の法定相続人が行う相続預金の払戻請求は認められません。 相続が生じた場合、被相続人の預金は遺産分割の対象となります(最大...
相続

相続と投資信託

一部の相続人による解約請求はできないのが原則 複数の法定相続人がいる場合、遺産分割が完了する前に、一部の法定相続人が金融機関に対して行う投資信託の解約請求は認められません。 投資信託の仕組み 金融機関が取り扱う投資信託...
相続

相続と国債

一部の相続人による解約請求はできないのが原則 相続時に複数の法定相続人がいる場合、遺産分割が完了する前に、一部の法定相続人が金融機関に対して行う国債の解約請求は認められません。 国債の仕組み 個人向け国債は、国が発行す...
相続

相続分の譲渡とは

相続分の譲渡 相続分の譲渡とは、遺産全体に対する共同相続人の包括的持分又は法律所の地位を譲渡することをいいます。 すなわち、積極財産と消極財産とを包含した遺産全体に対する譲渡人の割合的な持分(包括的持分)の移転をいいます。 相...
相続

行方不明者がいる場合の相続預金の払戻し

相続預金の払戻について 被相続人の預金について、相続が生じた場合、相続開始と同時に当然に相続分に応じて分割されることはなく、遺産分割の対象となります(最大決平成28年12月19日)。そして、相続預金は準共有となるため、相続預金の払戻...
相続

相続財産管理人による預金の払戻し

相続財産管理人について 被相続人に相続人がいる場合、相続人は、被相続人の財産に属した一切の権利義務を承継しますが(民法896条)、相続人がいない場合や、相続人であった者全員が相続放棄をした場合、相続人不存在となり、相続財産を管理す...
相続

相続放棄と預金引き出し

相続放棄について 相続放棄とは、相続人が相続開始による包括承継の効果を消滅させる意思表示をいいます。 相続放棄をすると、放棄した相続人は、その相続に関しては最初から相続人にならなかったものと扱われます(民法939条)。 相...
タイトルとURLをコピーしました