任意後見

後見

任意後見監督人とは

任意後見監督人とは 任意後見契約が登記されている場合において、精神上の障害により本人の事理を弁識する能力が不十分な状況にあるときは、家庭裁判所により、任意後見監督人が選任されます(任意後見契約法4条1項)。 以下では、任意後見監督人...
後見

任意後見の解除や死亡

任意後見の解除や死亡による終了 任意後見契約は、①任意後見契約が解除された場合、②任意後見人が解任された場合、③本人または任意後見人が死亡した場合などに終了します。 任意後見の解除 任意後見監督人の選任前の解除 任...
後見

任意後見契約

任意後見契約の締結 任意後見契約は、公正証書によって締結する必要があります(任意後見契約法3条)。 公正証書には、以下の事項を記載する必要があります(任意後見契約に関する法律第三条の規定による証書の様式に関する省令1条、公証人...
タイトルとURLをコピーしました