取引履歴

相続

個人情報保護法28条1項による開示請求(最判平成31年3月18日)

個人情報保護法28条1項により被相続人の情報開示請求ができるか 個人情報保護法は、個人情報取扱事業者に対して、当該本人が識別される保有個人データの開示請求権を認めています(個人情報保護法28条1項)。 被相続人の死後に相続人が、被相...
相続

伝票の開示請求

伝票の開示請求 被相続人の預貯金口座の取引履歴の開示や被相続人の通帳の確認において、被相続人が行ったとは思えない出金がある場合があります。 このような場合において、預貯金の出金を誰が行ったかを確認する方法として、金融機関に対して、当...
相続

送付嘱託による取引履歴の開示請求

送付嘱託による取引履歴の開示請求 被相続人の取引履歴の開示請求を、裁判所の送付嘱託により行うことがありえます。 特に、金融機関が任意の開示に応じてくれない場合、裁判所の送付嘱託を利用することがあります。 裁判所の送付嘱託により取引履...
相続

弁護士会照会による取引履歴の開示請求

弁護士会照会による取引履歴の開示請求 被相続人の預金口座の取引履歴の開示請求を、弁護士会照会により行うことがありえます。 特に、金融機関が任意の開示に応じてくれない場合、弁護士会照会を利用することがあります。 弁護士会照会により取引...
相続

遺言執行者による取引履歴の開示請求

遺言執行者による取引履歴の開示請求 遺言において、遺言執行者が指定されている場合、遺言執行者が残高証明書や取引履歴を開示請求する場合がありえます。 特に残高証明書は、遺言執行者が相続財産の確認をするためにも必要であり認められています...
相続

取引履歴の開示請求

取引履歴の開示請求 相続開始後、相続人が金融機関に対して請求する書類として、被相続人の預貯金口座の残高証明書や取引履歴などがあります。 残高証明書は、特定日の預貯金口座の残高を記した書類であり、取引履歴は、預貯金口座の過去の入出金の...
タイトルとURLをコピーしました