寄与分

相続

療養看護型の寄与分

療養看護型の寄与分 相続人が、病気療養中の被相続人の療養看護に従事したという場合の寄与分です。 被相続人が自らの費用で看護人を雇わなければならなかったはずのところを、相続人が療養看護したために、被相続人が看護人の費用の支出を免れたこ...
相続

財産管理型の寄与分

財産管理型の寄与分 被相続人の財産を管理することによって財産の維持形成に寄与した場合の寄与分です。 たとえば、被相続人の賃貸不動産を管理することで管理費用の支出を免れた場合や被相続人所有の土地の売却に際し、同土地上の家屋の賃借人との...
相続

扶養型の寄与分

扶養型の寄与分 相続人が、被相続人を扶養し、被相続人が出費を免れたため財産が維持された場合の寄与分です。 相続人が被相続人を現実に引き取って扶養する場合や、相続人が扶養料を負担する場合があります。 要件 扶養型の寄...
相続

金銭等出資型の寄与分

金銭等出資型の寄与分 被相続人の事業に関いて財産上の給付をする場合又は被相続人に対し、財産上の利益を給付する場合の寄与分です。 要件 金銭等出資型の寄与が認められるための要件は以下のとおりです。 被相続人との身分関...
相続

家事従事型の寄与分

家事従事型の寄与分 被相続人の事業に関し労務を提供する場合の寄与分です。 家業である農業、林業、漁業のほか、各種の製造業、加工業、小売業、医師、公認会計士、税理士等に従事することによって寄与が認められる場合があります。 要件 ...
相続

特別寄与料とはなにか

特別寄与料とは 特別寄与料制度とは、相続人ではない被相続人の親族が被相続人の療養看護に努めるなどの貢献を行った場合に、後見に応じた額の金銭(特別寄与料)の支払を請求することができる制度です(民法1050条)。 特別寄与料制...
相続

寄与分とは

寄与分とは 寄与分とは、共同相続人中に、被相続人の財産の維持又は増加に特別の寄与をした者があるときに、相続財産からその者の寄与分を控除したものを相続財産とみなして相続分を算定し、その算定された相続分に寄与分を加えた額をその者の相続分...
タイトルとURLをコピーしました