法改正

相続

遺留分に関する期限の許与

遺留分に関する期限の許与 遺留分権利者が遺留分侵害額請求をしても、金銭請求を受けた受遺者・受贈者が直ちには金銭を準備することができないことがあります。 このような場合、裁判上、金銭債務の全部又は一部の支払いにつき相当の期限が許与され...
相続

特別寄与料とはなにか

特別寄与料とは 特別寄与料制度とは、相続人ではない被相続人の親族が被相続人の療養看護に努めるなどの貢献を行った場合に、後見に応じた額の金銭(特別寄与料)の支払を請求することができる制度です(民法1050条)。 特別寄与料制...
相続

持戻し免除に関する相続法改正

持戻し免除の意思表示の推定規定 持ち戻し免除に関しては、相続法改正において意思表示の推定規定が設けられました。 持戻し免除の意思表示の推定規定とは、婚姻期間が20年以上ある夫婦の一方の配偶者が、他方の配偶者に対して、居住用不動...
相続

複数いる場合の遺留分

受遺者や受贈者が複数いる場合の遺留分 受遺者や受贈者が複数いる場合、誰がいくら遺留分を負担するかを検討する必要があります。 この場合の順序に関しては、受遺者又は受贈者は、以下に定めるところに従い、遺贈又は遺贈の目的の価額を限度...
相続

遺留分の時効

遺留分侵害額請求権の消滅時効 遺留分権利者が、相続の開始及び遺留分を侵害する贈与又は遺贈があったことを知った時から1年間行使しないときは、時効により消滅します(民法1048条前段)。 時効起算点 相続の開始を知っただけで...
相続

遺留分侵害額請求権とは

遺留分侵害額請求権とは 遺留分侵害額請求権とは、遺留分権利者が、受遺者や受贈者に対して、遺留分侵害額に相当する金銭の支払を請求することができる権利をいいます(民法1046条)。 法的性質 相続法改正前は、遺留分減殺請求権...
相続

特定財産承継遺言(相続させる旨の遺言)とは

特定財産承継遺言とは 特定財産承継遺言とは、遺産に属する特定の財産を相続人の一人又は数人に承継させる旨の遺言のことをいいます(民法1014条2項)。 この特定財産承継遺言は遺贈ではなく、遺産分割の方法の指定の一種だと考えられて...
相続

自筆証書遺言の書き方

自筆証書遺言とは 自筆証書遺言とは、自分で手書きで書く遺言書のことです。 作成される遺言書として、多いものとして、自筆証書遺言以外に公正証書遺言がありますが、自筆証書遺言はより簡便につくれるという特徴があります。 ただ、自筆証...
相続

特別養子縁組の上限年齢の引上げ等(民法等の改正)

特別養子縁組に関する民法等の改正 現在,児童養護施設等には,保護者がいないことや虐待を受けていることなどが原因で,多数の子が入所しています。 その中には,特別養子縁組を成立させることにより,家庭において養育することが適切な子も少なく...
相続

配偶者短期居住権とはなにか

配偶者短期居住権とは 配偶者短期居住権は、一方の配偶者が死亡した後に、生存配偶者が居住建物を無償で使用することができる権利です(民法1037条)。 配偶者が被相続人所有の建物に居住していた場合、被相続人が死亡しても、配偶者...
タイトルとURLをコピーしました