相続

相続

相続分の放棄とは

相続分の放棄 相続分の放棄とは、遺産に対する共有持分権を放棄する意思表示を言います。 手続 相続分の放棄は、相続の開始以降遺産分割までの間であればいつでも可能であり、方式は問いません。 効果 相続分の放棄をす...
相続

相続放棄(民法915条)とは

相続放棄(民法915条)とは 相続放棄とは、相続人ではなくなったものとみなされる制度をいいます。 遺産が債務超過である場合や、相続人が遺産の取得を希望しない場合などに用いられます。 似た制度として相続分の放棄があります。 ...
相続

相続分の譲渡とは

相続分の譲渡 相続分の譲渡とは、遺産全体に対する共同相続人の包括的持分又は法律所の地位を譲渡することをいいます。 すなわち、積極財産と消極財産とを包含した遺産全体に対する譲渡人の割合的な持分(包括的持分)の移転をいいます。 相...
相続

廃除(民法892条・893条)

廃除 相続人に非行や被相続人に対する虐待・侮辱がある場合に、被相続人の意思に基づいてその相続人の相続資格をはく奪する制度です。 似た制度として相続欠格がありますが、相続欠格とは、裁判所の手続を経る必要がある点が大きな違いです。...
相続

相続欠格(民法891条)

相続欠格 相続欠格とは、相続秩序を侵害する非行をした相続人の相続権を、法律上当然にはく奪する制度です。 似た制度として廃除がありますが廃除とは、何ら手続きをする必要はなく、「法律上当然に」相続権を失う点が大きな違いです。 ...
相続

相続人の資格重複

相続人の資格の重複とは たとえば、孫を養子にしているものが死亡した場合、子が先に死亡していると、その孫は養子としての相続権と孫としての相続権が重複することになります。 このような場合に、その孫は、両者の立場の相続権を取得できるか、そ...
相続

相続人と代襲相続

相続人とは 相続人とは、被相続人の相続財産を包括的に承継することができる一般的資格をもつ人のことをいいます。 相続人か否かは、法律によって定まっており、被相続人の意思でこれを変更することはできません。 被相続人が相続人とほぼ同...
相続

相続分とは

相続分とは 相続分とは、共同相続人の積極財産・消極財産を含む相続財産全体に対する各相続人の持分をいいます。 被相続人は、遺言で相続分を決めることができますが、この指定がない時には、民法の定める法定相続分の規定が適用されます。 ...
タイトルとURLをコピーしました