相続預金

相続

相続預金の払戻し

一部の相続人による払戻請求はできないのが原則 複数の法定相続人がいる場合、遺産分割が完了する前に、一部の法定相続人が行う相続預金の払戻請求は認められません。 相続が生じた場合、被相続人の預金は遺産分割の対象となります(最大...
相続

相続と投資信託

一部の相続人による解約請求はできないのが原則 複数の法定相続人がいる場合、遺産分割が完了する前に、一部の法定相続人が金融機関に対して行う投資信託の解約請求は認められません。 投資信託の仕組み 金融機関が取り扱う投資信託...
相続

相続と国債

一部の相続人による解約請求はできないのが原則 相続時に複数の法定相続人がいる場合、遺産分割が完了する前に、一部の法定相続人が金融機関に対して行う国債の解約請求は認められません。 国債の仕組み 個人向け国債は、国が発行す...
相続

行方不明者がいる場合の相続預金の払戻し

相続預金の払戻について 被相続人の預金について、相続が生じた場合、相続開始と同時に当然に相続分に応じて分割されることはなく、遺産分割の対象となります(最大決平成28年12月19日)。そして、相続預金は準共有となるため、相続預金の払戻...
相続

相続財産管理人による預金の払戻し

相続財産管理人について 被相続人に相続人がいる場合、相続人は、被相続人の財産に属した一切の権利義務を承継しますが(民法896条)、相続人がいない場合や、相続人であった者全員が相続放棄をした場合、相続人不存在となり、相続財産を管理す...
相続

相続放棄と預金引き出し

相続放棄について 相続放棄とは、相続人が相続開始による包括承継の効果を消滅させる意思表示をいいます。 相続放棄をすると、放棄した相続人は、その相続に関しては最初から相続人にならなかったものと扱われます(民法939条)。 相...
相続

預金の相続と未成年

相続預金の払戻について 被相続人の預金について、相続が生じた場合、遺産分割の対象となります(最大決平成28年12月19日)。そして、準共有となるため、相続預金の払戻は、相続人全員によらなければなりません。 以上より、相続人に未成年...
相続

名義預金の遺産分割

名義預金について 被相続人の預金が名義預金である場合がありえます。この点、出捐者をもって、預金者と考えるのが判例の考え方といえます(記名式定期預金について最判昭和57年3月30日金法992号38頁)。 したがって、預金名義が...
相続

成年後見人による相続預金の払戻し

成年後見人について 成年後見人とは、本人が、精神上の障害により事理を弁識する能力を欠く常況にある場合に、親族等の請求により家庭裁判所から選任される者をいいます(民法7条)。 成年後見人は、本人の財産管理に関する事務を行う必要...
相続

遺産の分割前における預貯金の払戻し制度

遺産の分割前における預貯金の払戻し制度とは  相続が生じた場合、預貯金は共同相続人全員の同意がなければ払戻しができないのが原則です。  しかしながら、相続債務の弁済をする必要があったり、被相続人から扶養を受けていた共同相続人の当面の...
タイトルとURLをコピーしました