遺留分

相続

遺留分に関する期限の許与

遺留分に関する期限の許与 遺留分権利者が遺留分侵害額請求をしても、金銭請求を受けた受遺者・受贈者が直ちには金銭を準備することができないことがあります。 このような場合、裁判上、金銭債務の全部又は一部の支払いにつき相当の期限が許与され...
相続

遺留分の計算

遺留分の計算 遺留分の計算は、最終的には、遺留分権利者がいくら請求できるかを計算する必要があります。いくら請求できるかを、遺留分侵害額といいます。 ただし、遺留分侵害額を計算する前提として、遺留分を計算する必要がありますので、...
相続

複数いる場合の遺留分

受遺者や受贈者が複数いる場合の遺留分 受遺者や受贈者が複数いる場合、誰がいくら遺留分を負担するかを検討する必要があります。 この場合の順序に関しては、受遺者又は受贈者は、以下に定めるところに従い、遺贈又は遺贈の目的の価額を限度...
相続

遺留分の時効

遺留分侵害額請求権の消滅時効 遺留分権利者が、相続の開始及び遺留分を侵害する贈与又は遺贈があったことを知った時から1年間行使しないときは、時効により消滅します(民法1048条前段)。 時効起算点 相続の開始を知っただけで...
相続

遺留分と生前贈与

遺留分における生前贈与の考慮 遺留分を計算する際、贈与の価額を加算する必要がありますが(民法1043条1項)、相続人に対する贈与か、相続人以外に対する贈与かによって取り扱いが異なります。 相続人に対する生前贈与は10年 ...
相続

遺留分の割合はいくらか

遺留分の割合 遺留分の割合(個別的遺留分)は、相対的遺留分の割合に法定相続分の割合を乗じて計算します(民法1042条)。 【計算式】遺留分割合(個別的遺留分)=総体的遺留分×法定相続分 誰が遺留分を取得するかに関しては以...
相続

兄弟は遺留分をもらえるか

兄弟は遺留分をもらえない 遺留分を請求できるのは遺留分権利者だけです。 遺留分権利者となりうるのは、被相続人の配偶者、子、直系尊属です(民法1042条1項)。 一方、被相続人の兄弟姉妹は法定相続人ですが、遺留分権利者とはなりません。...
相続

遺留分侵害額請求権とは

遺留分侵害額請求権とは 遺留分侵害額請求権とは、遺留分権利者が、受遺者や受贈者に対して、遺留分侵害額に相当する金銭の支払を請求することができる権利をいいます(民法1046条)。 法的性質 相続法改正前は、遺留分減殺請求権...
タイトルとURLをコピーしました