遺言

相続

遺言の撤回

遺言の撤回 一度遺言を作成しても、その後内容を変えたり、撤回したいと考えることがあります。 遺言は、遺言者の生存中は、いつでも遺言を撤回することができます(民法1022条)。 遺言の全部を撤回することもできますし、一部だけを撤...
相続

遺贈とは

遺贈とは 遺贈とは、被相続人が遺言によって自己の財産を処分することをいいます(民法964条)。 遺贈は通常は財産を無償で与えることが多いですが、これに限らず、使用収益権の設定や担保権の設定、債務の免除も遺贈の対象になります。 また、...
相続

特定財産承継遺言(相続させる旨の遺言)とは

特定財産承継遺言とは 特定財産承継遺言とは、遺産に属する特定の財産を相続人の一人又は数人に承継させる旨の遺言のことをいいます(民法1014条2項)。 この特定財産承継遺言は遺贈ではなく、遺産分割の方法の指定の一種だと考えられて...
相続

相続分の指定とは

相続分の指定とは 遺言による相続分の指定とは、遺産を取得する割合である相続分について、法定相続分とは異なった割合で定めることをいいます(民法903条)。 遺産の2分の1や3分の1などという形で示されるのが典型例です。 相続分の...
相続

自筆証書遺言の書き方

自筆証書遺言とは 自筆証書遺言とは、自分で手書きで書く遺言書のことです。 作成される遺言書として、多いものとして、自筆証書遺言以外に公正証書遺言がありますが、自筆証書遺言はより簡便につくれるという特徴があります。 ただ、自筆証...
相続

包括受遺者による養子縁組の無効の訴えの確認の利益(最判平成31年3月5日)

包括受遺者による養子縁組の無効の訴えの確認の利益 養子縁組無効の訴えは、養子縁組の届出に係る身分関係が存在しないことを対世的に確認することを目的とする訴えです(人事訴訟26条)。 養親の包括受遺者と養子との関係は、養子は遺留分を有す...
タイトルとURLをコピーしました