弁護士費用

法律相談

初回30分
無料

2回目以降は30分5,000円(税別)となります。
相続・離婚に関する内容に限ります。
法律相談は事務所にご来所いただくか電話により行います(要事前予約)。

弁護士費用

当事務所の弁護士費用は原則として以下のとおりです。
ただし、事件の性質等に応じ、以下とは異なることもあります。
ご希望の方には、無料でお見積もりをお渡ししています。

相続

遺産分割・遺留分・使途不明金等の相続争い

着手金
(税別)
報酬金
(税別)
交渉
200,000円
経済的利益の10%
調停
300,000円
経済的利益の10%
審判・訴訟
400,000円
経済的利益の10%

経済的利益は、取得した金額または相手方からの請求を退けた金額を基準に計算します。
 
「交渉→調停」、「調停→審判・訴訟」と移行した場合には、移行時に差額分の着手金を申し受けます。
例:交渉の後、調停を申し立てることになった場合
委任契約締結時に、交渉の着手金として200,000円を、調停申立時に調停の着手金として差額分の100,000円を、調停終了後に報酬金として経済的利益の10%を申し受けます。

遺言状作成
100,000円~(税別)
相続放棄
100,000円~(税別)
成年後見申立
100,000円~(税別)

上記以外の相続・成年後見・財産管理に関する事件も取り扱っておりますので、お問い合わせください。

離婚

離婚事件

着手金
(税別)
報酬金
(税別)
交渉
200,000円
200,000円+経済的利益の10%
調停
300,000円
300,000円+経済的利益の10%
審判・訴訟
400,000円
400,000円+経済的利益の10%

経済的利益は、財産分与、慰謝料、養育費等に関し、取得した金額または相手方からの請求を退けた金額を基準に計算します。
養育費は5年分の金額を経済的利益とします。
 
「交渉→調停」、「調停→審判・訴訟」と移行した場合には、移行時に差額分の着手金を申し受けます。
例:交渉の後、調停を申し立てることになった場合
委任契約締結時に、交渉の着手金として200,000円を、調停申立時に調停の着手金として差額分の100,000円を、調停終了後に報酬金として300,000円+経済的利益の10%を申し受けます。

着手金
(税別)
報酬金
(税別)
婚姻費用分担調停
100,000円
200,000円
子の面会交流調停
100,000円
200,000円
養育費調停
200,000円
経済的利益の10%
慰謝料請求訴訟
300,000円
経済的利益の15%

婚姻費用分担調停・面会交流調停は、離婚事件と合わせて受任した場合の金額です。
例:離婚調停と子の面会交流調停の代理人となる場合
委任契約締結時に着手金として400,000円(300,000円+100,000円)を、面会交流調停終了後に200,000円を、離婚調停終了後に300,000円+経済的利益の10%を申し受けます。

労働事件

残業代請求

着手金
(税別)
報酬金
(税別)
交渉
100,000円
経済的利益の15%
労働審判
200,000円
経済的利益の15%
訴訟
300,000円
経済的利益の15%

経済的利益は、取得した金額を基準に計算します。

不当解雇・退職勧奨

着手金
(税別)
報酬金
(税別)
交渉
200,000円
経済的利益の15%
労働審判
300,000円
経済的利益の15%
訴訟
400,000円
経済的利益の15%

経済的利益は、取得した金額と1年分の年収(復職できた場合)を基準に計算します。

交通事故

着手金
(税別)
報酬金
(税別)
弁護士費用特約が付いていない場合
200,000円
経済的利益の10%

弁護士費用特約が付いている場合は、旧日弁連報酬基準規程に準じた費用になります。弁護士費用を保険金で賄えるため、ほとんどの依頼者には負担は生じません。

上記以外の民事事件

着手金
(税別)
報酬金
(税別)
300万円以下の場合
8%
16%
300万円を超え3000万円以下の場合
5%+9万円
10%+18万円
3000万円を超え3億円以下の場合
3%+69万円
6%+138万円
3000万円を超え3億円以下の場合
2%+369万円
4%+738万円

ご相談をご希望の方はお電話またはメールにてご連絡ください

お電話でのお問い合わせ

046-204-7414

受付時間

平日9:00〜21:00

土日9:00〜21:00

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

通常1営業日以内にご返答させていただきます。