解決実績

財産分与において金額を減額した例(夫側)

相談前

依頼者は、離婚を希望していましたが、財産分与について妻と折り合いがつかないということで相談に来られました。妻は、離婚は認めるものの、財産分与において多額の請求をしてきている、とのことでした。

相談後

すでに離婚調停がなされていましたが、当方は代理人として参加しました。そして、妻は現在の夫の預金残高を基準として財産分与を求めているものの、実際には、婚姻前に形成されていた財産が大部分を占めていたため、当方は婚姻時からの取引履歴を提出し、婚姻時から増加した預金額は多くないことを説明しました。その結果、当初の妻の主張額を大幅に減額する形で財産分与が成立しました。

コメント

財産分与では、婚姻時に形成した財産を原則として2分の1ずつ分配することになります。婚姻前に形成された財産は、対象にはならないため、婚姻前に形成した財産が大きいような場合には、きちんと説明をする必要があります。

解決実績カテゴリー

ご相談をご希望の方はお電話またはメールにてご連絡ください

お電話でのお問い合わせ

046-204-7414

受付時間

平日9:00〜21:00

土日9:00〜19:00

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

通常1営業日以内にご返答させていただきます。