解決実績

離婚訴訟

相談前

依頼者は、夫が不貞行為をしており離婚を望んでいるということで相談にきました。一方、夫は不貞行為を認めず、離婚も望んでいませんでした。

相談後

当方は代理人として、当初離婚調停を申し立てました。しかしながら、夫は調停でも不貞行為を認めず、離婚をすることも希望しなかったため、離婚は不調になりました。そこで、当方は離婚訴訟を提起しました。離婚訴訟では、夫が不貞行為をしている証拠を提出するとともに、別居期間が相当経過していることなどを主張し、最終的には判決により離婚が認められることになりました。

コメント

不貞行為などは離婚原因になりえますが、離婚請求する側で立証をする必要があります。相手方のメールのやり取りや、場合によっては素行調査などによって、不貞行為の立証をすることになります。

解決実績カテゴリー

ご相談をご希望の方はお電話またはメールにてご連絡ください

お電話でのお問い合わせ

046-204-7414

受付時間

平日9:00〜21:00

土日9:00〜21:00

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

通常1営業日以内にご返答させていただきます。