解決実績

配偶者からの離婚請求(離婚回避)

相談前

依頼者は、夫から離婚調停の申立てをされたとのことで相談にきました。夫が離婚調停を申し立てたのは、セックスレスや長年の性格の不一致が原因ではないか、ということでした。依頼者は、小さい子供もいるため、離婚を望んでいませんでした。

相談後

当初の離婚調停は、離婚に関して意見の食い違いがあり、すぐに不調となりました。その後、夫から離婚請求訴訟が提起されました。当方は代理人として、セックスレスや性格の不一致は直ちに離婚原因とはならないこと、また、別居をしていないことを主張・立証しました。当方の主張が認められ、離婚請求訴訟は棄却されました。

コメント

セックスレスや性格の不一致は、直ちには離婚原因とはなりませんし、別居していなかったり、別居期間が短い場合には、離婚請求は認められません。

解決実績カテゴリー

ご相談をご希望の方はお電話またはメールにてご連絡ください

お電話でのお問い合わせ

046-204-7414

受付時間

平日9:00〜21:00

土日9:00〜21:00

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

通常1営業日以内にご返答させていただきます。